クレジットカード審査に通らない理由に居住年数関係ある?

クレジットカードの審査に通らない理由には、居住年数の短さもあげられます。
カードの審査をするときには、かならず現在住んでいる家の状況を詳しく書き込まなければなりません。
どこに住んでいるかはもちろん、その家に何年住んでいるかということまで書かなければならないのです。
カード会社が居住年数の長さを重要視する理由は、同じところに長く住み続けることができたということが信用の実績とみなされるからです。
賃貸の物件に住んでいる場合は、とくに居住年数が審査でチェックされます。
賃貸物件に長く住んでいると、家賃を長く払い続けることになりますので、滞納せずにきちんと支払いができる人という印象をカード会社に与えることができます。
このため、賃貸物件に引っ越してからまだ日が浅い人の場合、カード会社の審査に落ちやすくなってしまいます。
この反面、ずっと実家で暮らしている人は審査に通りやすくなっています。
実家に住んでいると家賃を支払わなくてもよいため、最も返済能力があるとカード会社に判断してもらえるからです。