転職する時に世間では有利だと思われている資格に中小企業診断士があります

転職の際、一般的には、有利だと思われている資格に中小企業診断士の資格があるでしょう。
中小企業診断士資格を取得すると、経営に関する知識を証明することができるので、その会社にとって貴重な存在であると思ってもらうことができます。
法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、派遣の大きな後ろ盾となるでしょう。
派遣しようとする時に求められる資格というのは、専門職以外はそんなに多くないようですが、取得した資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格を所持していると有利なようです。
特に、建築業界や土木業界では建築士のように「業界独占資格」と呼ばれるその資格を所持していないと現場の業務を行えないという仕事が少なからずあるので、案外簡単に派遣に成功するかもしれません。
面接の場では、身だしなみには細心の注意を払ってください。
清潔感漂う服装で面接を受けるのが大切です。
ドキドキするだろうと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。
面接官から質問されることはたいてい決まっていますから、予め答えを準備しておくことが大切です。